FC2ブログ
2019 / 10
≪ 2019 / 09 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2019 / 11 ≫

メルちゃん
【Harmonia Mundi HMM902299】
シューベルト さすらい人幻想曲(グラーフ・1828年)
ショパン 12の練習曲集 Op.10 (エラール・1837年)
リスト ドン・ジョヴァンニの回想(ベーゼンドルファー:)
ストラヴィンスキー: ペトルーシュカの3章(スタインウェイ:)

アレクサンドル・メルニコフ(ピアノ)


メルニコフによる4人の作曲家の作品が作られた時期
のピアノを使ってユニークな録音を行いました。
フォルテピアノといえば印象としてなにやらペンペンいうような
印象をもっていましたが、このグラーフピアノは違います。
弾く人が違うからでしょうか、ダイナミクスといい、
音色の変化といい「さすらい人」ってこういう曲だったんだ(!)
と納得しました。ショパンのエチュードの堀の深さ、
特にダイナミックな12曲目の「革命」あたりでは金縛りにあいます。
リストの超難曲、そしてペトルーシュカ。ベーゼンも
スタインウェイも現代の楽器を想起させてくれますが、
なにしろこれらの超絶技巧を「ピース」として弾きこなした
メルニコフに脱帽です。この人、欠けているものがあるとすると
しみじみとした情感くらいかもしれません。それにしても凄い演奏です。






スポンサーサイト



カペル
【Marston 53021-2】
ウィリアム・カペル 放送およびコンサート録音(1944-52)
バッハ、モーツァルト、ショスタコーヴィチ
+シューマン ピアノ五重奏曲 変ホ長調 Op.44

1953年、飛行機事故で31歳の生涯を閉じたカペル。
アメリカでもっとも期待されていたピアニスト。
最も困難な時代にその最盛期を迎えた人といえば
1950年に亡くなったリパッティを思い浮かべる。
そのカペルの録音はVictorに多くは遺されているが、
未発表の録音がマーストンの見事な音質でよみがえっています。
冒頭、1947年3月21日のカーネギーホール。
バッハの組曲もこの時代のことを考えるなら、
十分に咀嚼された演奏だし、モーツァルトも見事。
様式感はしっかりとフォーカスされています。
ドビュッシーの「子供の領分」なんかも持っているものが
違うのを実感しました。そして室内楽、唯一(と思われる)
シューマンの五重奏曲が入っているのが嬉しい誤算。
タッチの瑞々しさ、躍動するリズムが曲にマッチしていていて
ピアノパートとしてはとてもいいけれど、弦楽四重奏に
エスプレッシーヴォが不足している感じがします。

(特別寄稿:JN)




ペトロフ
【OLYMIPIA】
ニコライ・ペトロフ アンコール

1.ウェーバー:ピアノ・ソナタ第1番調 Op.ハ長24 から 第4楽章
2.J・S・バッハ:マイラ・ヘス編曲/主よ、人の望みの喜びよ
3.クープラン:キタイロンの鐘
4.シューマン:ロマンス 嬰ホ長調
5.6.シューマン:パガニーニの奇想曲による練習曲 Op.3 から 2曲
7.8.ドビュッシー:前奏曲集第2巻より「月の光が注ぐテラス」、
「妖精たちは艶やかな舞姫」
9.サン=サーンス:レオポルト・ゴドフスキー編曲/
白鳥(「動物の謝肉祭」から)
10.メンデルスゾーン:スケルツォ 幻想曲より
11.ラヴェル:水の戯れ
12.ドビュッシー:前奏曲集第2巻より「花火」
13.ラヴェル:オペラ「子供と魔法」より「5時のフォックストロット」
14.ドビュッシー:前奏曲集第1巻より「西風の見たもの」
15.ラフマニノフ:ヴォカリーズ
16.プレヴィン:「インヴィジブル・ジャズ・ドラマー」より前奏曲
17.シュルホフ:タンゴ
18.シチェドリン:コラージュ・トッカータ
19.ヒナステラ:3つのアルゼンチン舞曲より「粋な娘の踊り」
20.プーランク:無窮動
21.カプースチン:間奏
22.ウェーバー:ピアノ・ソナタ第1番調 Op.ハ長24 から 第4楽章


とりあえず、このCDの曲目をすべて並べてみました。バッハから
カプスーチンまで多種多様、国であれ、時代であれとにかく凡百の
ピアノ弾きではとても考えもつかないようなアンコール曲が並びます。
一つ一つに拍手があるところを見ると、これがライブ。
1966年のチャイコフスキーコンクールで本命視されていたのに
故障でこれを回避。ピンチヒッターのグレゴリー・ソコロフ(16歳)が
優勝したことはあまりに有名ですが、国家の威信をかけたコンクールを
回避してしまった代償はきっと大きかったに違いありません。
1964年のウェーバーのは最後の1971年のでもとりあげており、
前者はチャイコンの2年前、そしてました。凄いプレスト、
そしてダイナミクス。ロシアンスクールの筆頭だけに
その切れ味は抜群です。このほかにも凄いピアニストが
いくらでも輩出しているロシア。音楽の在り方、生活と音楽との
かかわり方が私達とはきっと違うのでしょう。
どれもがすごいのですが、中でもサン=サーンスの
ゴドフスキ―による「白鳥」をこれほど美しく
、そして音楽的なものを引き出した演奏は他には知りませんでした。
ヴィルティオーゾの世界は縁のないものだけど、
それを楽しむ側にいるのも音楽の一興でしょう。



集合写真30ミリ
ライヴ・イマジン43 ショスタコーヴィチ作品集

2019年9月14日(土) 13:30開場 14:00開演
すみだトリフォニー・小ホール

弦楽四重奏曲第1番 ハ長調 Op.49
映画音楽「馬あぶ」組曲 Op.97 より
2台のヴァイオリンとピアノの為の5つの小品
ピアノ五重奏曲 ト短調 Op.57

前田 秀、青山 千裕(ヴァイオリン)
廣木 知之(ヴィオラ) 西村 淳(チェロ)
北村 隆男(コントラバス)吉田 康子(ピアノ)


9月に入り秋の気配が漂う中、台風や豪雨の不安定な天候が
続きました。本番当日も驟雨の朝でしたが、午後になり
ようやく回復して明るい空に。

今回のライヴ・イマジン43は、ショスタコーヴィチ作品集を
企画しました。20世紀最大の作曲家の一人として
厳しい時代を生き抜き、古典的な形式の作品で
高い評価を受けています。

シリアスで難しい印象のある作曲家だけに、
当初は「お客様が来て下さるのだろうか?」と心配しましたが、
そんな事は杞憂に過ぎませんでした。
公演案内を掲載した途端に沢山の応募があり、その後も
途切れることなく公演日まで続きました。
「ショスタコーヴィチ大好き」「室内楽作品を楽しみにしている」
「珍しいプログラムが魅力」など応募の皆さんからのコメントが
添えてあって、嬉しい誤算と共に緊張感が高まりました。

会場は、すみだトリフォニー小ホール。会場設備、音響、運営、
スタッフ、アクセスなど、どれをとっても配慮の行き届いた
良いホールです。いつもお願いしている録音、写真撮影、
受付の方々も朝から会場入りして滞りなくそれぞれの準備を
進めます。強力なスタッフに支えて頂き、安心して演奏に
集中出来るのは、とても有難いことで感謝の気持ちで一杯です。

リハーサル編に続きます。



朝9時に会場入り。早速にリハーサルを演奏曲順に行います。
写真の上でクリックして下さい。大きな画像をご覧いただけます

弦楽四重奏曲。
IMG_2568.jpg IMG_2592.jpg IMG_2639.jpg IMG_2605.jpg IMG_2620.jpg IMG_2701.jpg

「馬あぶ」組曲。
IMG_2712.jpg IMG_2731.jpg IMG_2768.jpg IMG_2745.jpg

「2台のヴァイオリンとピアノの為の5つの小品」
IMG_2795.jpg IMG_2577.jpg IMG_2915.jpg IMG_2811.jpg

ピアノ五重奏曲 
IMG_2607.jpg IMG_2907.jpg IMG_2885.jpg IMG_2781.jpg IMG_2943.jpg IMG_2981.jpg

本番編に続きます。














yatchan2003

Author:yatchan2003
2003年から活動開始。
音楽への想いを伝えたい!
お客さまと共に楽しみたい♪
をモットーに進化中。