FC2ブログ
2013 / 11
≪ 2013 / 10 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2013 / 12 ≫

シャネル40%
シャネル ピグマリオンデイズ  スペシャルコンサートシリーズ
指揮者大山平一郎と若手音楽家たちによる室内楽
11月16日(土) 銀座シャネル ネクサスホール

ベートーヴェン ピアノ三重奏曲 ニ長調 作品70-1「幽霊」
    ピアノ 福原 彰美 ヴァイオリン 矢野 玲子 チェロ 辻本 玲
シューマン ピアノ四重奏曲 変ホ長調 作品47
    ピアノ 光野 光太郎 ヴァイオリン 千葉 清加 
    ヴィオラ 大山 平一郎 チェロ 辻本 玲


久しぶりにシャネルのコンサートに行ってきました。
今回のプログラムは、ベートーヴェンとシューマンという
本格的な室内楽作品です。そしてサプライズは、ベートーヴェンの
トリオのヴァイオリンが矢野 玲子さんだったことです。
実は先週のオーボエのレクチャーコンサートが行われた大瀧サロンで
偶然お会いしたばかりでした。その時には目の前でバッハのシャコンヌを
聴かせて頂きました(なんという贅沢!)
ジュネーヴ国際コンクール最高位という実績から、
そろそろシャネルも卒業なんでしょうけれど、過去にここに参加していた
経緯から今回お呼びがかかったのではないかと思いました。
シャネルのホールは響きがデッド(音が伸びてこない)なので、
演奏を聴くには少しばかりつらいところもあるのですが、
両曲ともとても穏やかな雰囲気の中、美しい演奏を展開してくれました。
若手にチャンスをということなので、やはり少しでもいいところを聴こう
という姿勢になりますが、ベートーヴェンの矢野さんのリードは
さすがでしたし、シューマンは重鎮、大山さんのヴィオラが全体を
引き締める中、名曲が名曲たる所以を存分に感じさせてくれるものでした。
ここでは辻本さんが第三楽章で最初から調弦をCからBに下げて
弾いていたのが印象的。たしかにリスクは少なくなりますね。
クリスマスイルミネーションが彩る夕闇せまる銀座のど真ん中、
贅沢な一時を楽しませてもらいました。
スポンサーサイト



yatchan2003

Author:yatchan2003
2003年から活動開始。
音楽への想いを伝えたい!
お客さまと共に楽しみたい♪
をモットーに進化中。