FC2ブログ
2014 / 11
≪ 2014 / 10 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2014 / 12 ≫

タロー
【ERATO 50999 934137 2S】
「オートグラフ」 
アレクサンドル・タロー(ピアノ)

タローのお気に入りが23曲も詰まったアンコール曲集です。
この凝りに凝ったジャケット写真とか中の写真を
見ているだけでも気持ちがタローの想いを受け止めます。
最初はやはりバッハ(シロティ編曲)の前奏曲からはじめます。
最初の一音が鳴った瞬間からこれからはじまるときめきの
瞬間に期待がふくらみます。ハフもこういった曲を弾くのが
とても好きですが、リストを中心にしたヴィルティオーゾとしての
強いこだわりを感じさせるのに対して、
タローはもう少し一般的なレパートリーが組み込まれています。
ラフマニノフの前奏曲Op.3-2の強靭な打鍵、
シベリウスの「哀しみのワルツ」Op.44-1にみられる
絶妙なフレージングと自在なルバートによる歌、
「小犬のワルツ」にしてもこの自在性は音楽を喜びに導きます。
そして、サンサーンスの「白鳥」、ゴドフスキーの名編曲ですが、
名妓に走ることなくタローが音楽を心から楽しんでいる姿が
伝わりました。大変美しいピアノの音色ですが、
スタインウェイのDタイプでした。きくところによるとタローは
自宅にはピアノがないんだとか・。たくさん練習しているけれど、
どこかに線をひかないと云々。
そしてちゃんと「楽譜」を置いて演奏することも。
リスト以来の伝統がようやく新しい世代の新しいアプローチにより
市民権を得てきています。でもこの人、間違いなくナルシスト。


スポンサーサイト

yatchan2003

Author:yatchan2003
2003年から活動開始。
音楽への想いを伝えたい!
お客さまと共に楽しみたい♪
をモットーに進化中。