FC2ブログ
2015 / 06
≪ 2015 / 05 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2015 / 07 ≫

アルトゥール
【音楽之友社】
鍵盤の王者 ルービンスタイン物語   
アリーサ・フォーシー著 横山一雄訳

ルービンシュタインの有名な自伝「華麗なる旋律」は,自身が
自らの物語を筆記したものでした。この本はまだ彼が存命中に、
本人からの聴き伝えをもとにして記述したもので、自伝の中では
勲章をもらったとかそんなことは恥ずかしくて書けない、
としていたことがたくさん書かれています。しかし著者には
第三者的な目があるため、それは私たちがイメージしている
ルービンシュタインに近いものとも言うことが出来ます。
あまりにも絶賛の連続で辟易してしまいますが、とにかく人生を、
音楽を愛した偉大なるピアニストの人となりはよく伝わります。

有名なエピソードを一つご紹介します。
『・・その夏、ルービンスタインはオーストラリを演奏旅行した。
シドニーで彼は思い立ってタロンガ・パークの動物園を訪れてみた。
シェブロン・ヒルトンホテルの部屋に戻る途中、彼は通りに
そのほとんどが若い女の子の群れを認めた。ビートルズが
ヒルトンの向かい側のシェラトンホテルに泊まっていたからだった。
近寄っていくと、彼らが「We love you, Beatles!」と声を合わせて
叫んでいる。ところがその時数百人のビートルズファンよりも
年上に見える一団の人間がプラカードを持って、やってくるのが見えた。
アルトゥール2(画像は動きません、念のため)
その旗には「WE LOVE YOU, ARTUR!」
「ARTUR LOOKS BETTER THAN RINGO」(笑)
「ARTUR IS KING」と。彼らはルービンスタインの姿を認めると、
「Yeah! Year! Arthur!」と叫びその喚声はビートルズファンの
それを圧倒した。

アルトゥール3(画像は動きません、念のため)
喜んだルービンスタインは歩み寄って、
プラカードを担いだ学生に話しかけ、彼らの大勢と握手をした。
彼はこの学生たちが、サウス・ウェールズ大学から
やってきたことを知った。ニューヨークタイムズは、早速この事件を、
「ルービンスタインのフォルテシモ、Yeah!, Yeah!, Yeah!を圧倒」
の大見出しで報道した。』当時の動画でアルトゥールが
本当に嬉しそうにしている様子がありました。
それにしてもビートルズもすごい!


スポンサーサイト



yatchan2003

Author:yatchan2003
2003年から活動開始。
音楽への想いを伝えたい!
お客さまと共に楽しみたい♪
をモットーに進化中。