FC2ブログ
2016 / 05
≪ 2016 / 04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2016 / 06 ≫

協奏交響曲
モーツァルト 協奏交響曲 変ホ長調 K364
ライヴ・イマジン14でもこの曲を演奏しました。
ヴァイオリンとヴィオラが独奏をつとめるということで、
てっきり独奏2名と弦楽四重奏という組み合わせを予想しましたが、
実はモーツァルトの死後、1808年に出版された「誰か」が
弦楽六重奏に編曲した版による演奏です。
弦楽六重奏という当時あまり使用されていない編成といい、
独奏が各奏者に振り分けされたスリル満点の編曲といい、
新鮮さに溢れています。
新しいベーレンライターの全集にもちゃんと入っていました。
耳慣れたモーツァルトの名作であることに違いなく
イマジンにおあつらえ向きですが、技術的には
かなり高度なものを要求されているようです。
録音はビルスマを中心とした古楽器の名手が集まったものを、
中古ショップで見つけることが出来ました。

スポンサーサイト

ブログ用イマジン34葉書
ライヴ・イマジン34 「ドヴォルザークの調べ」
2016年6月18日(土) 13:30開場 14:00開演
豊洲文化センターホール


前回はオーケストラの演奏でしたが、今度は従来通りの
少人数の室内楽をお聴き頂きます。
会場は昨年9月にオープンしたばかりの豊洲文化センターホール。
豊洲駅前という絶好のアクセスで「ピアノのフェラーリ」と呼ばれる
イタリア製のファッツイオーリのピアノが常設の会場です。

「ドヴォルザークの調べ」と題して美しく親しみやすいメロディーで
人気のドヴォルザークの作品をお楽しみ頂きます。
新世界交響曲やユーモレスク、スラヴ舞曲だけではない
魅力を味わって頂ければと思います。

弦楽五重奏曲 第3番 変ホ長調 Op.97
ヴァイオリンとピアノのためのロマンス へ短調 Op.11
ピアノ五重奏曲 第2番 イ長調 Op.81

ヴァイオリン 青山 千裕  玉城 晃子
ヴィオラ    内田 吉彦  吉水 宏太郎
チェロ      西村 淳
ピアノ     吉田 康子

 入場無料(要整理券) 未就学児童の入場はご遠慮下さい。
入場整理券をご希望の方は、下記の問合せ先アドレスに
お名前 ご住所 電話番号 年齢 職業 コメントを添えて
「ライヴ・イマジン音楽記を見て整理券希望」とご記入下さい。
折り返し上記の葉書(入場整理券)をお送りします。
お問い合わせ  liveimagine@yahoo.co.jp

ショパンコン
【音楽之友社】
イェージー・ヴァンドルフ著 足達和子訳
「ものがたり ショパン・コンクール」

昨年は5年に一回開催される、ショパン・コンクールの
開催の年でしたね。第17回目の優勝者チョ・ソンジンの演奏を
耳にした方も多いと思います。
偶然手にしたこの本ですが、なかなか含蓄のある内容でした。
著者は第一回(1927年)の開催から第十一回(1985年)までを
すべて聴いており、ヴァンドルフ氏以上にこのコンクールを
語ることのできる人は考えられない、という人。
冒頭、ショパンの生涯も偉人伝ではなく人間ショパンに
重きを置いてコンパクトにまとめられ、コンクールに至るまでの
ポーランドの近現代史にも触れています。
ポーランドの苦難と歴史的な背景を理解できたことは収穫です。
これまで語られてきたコンクールのスキャンダルのこと、
日本人のピアニスト、原智恵子や内田光子も登場します。
そして著者は絶対的な優勝者だった第六回コンクールの
ポリーニとその後の変節を語り。この時の審査委員長は、
アルトゥール・ルービンシュタイン、そして福審査委員長が
ナディア・ブーランジェだったことを熱く語ります。
コンクールを目指す人であれば必ず目を通しておくべき、
読むべき内容がしっかり詰まっている良書です。




yatchan2003

Author:yatchan2003
2003年から活動開始。
音楽への想いを伝えたい!
お客さまと共に楽しみたい♪
をモットーに進化中。