FC2ブログ
2018 / 10
≪ 2018 / 09 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2018 / 11 ≫

100の41葉書画像
ライヴ・イマジン41
2018年11月24日(土)13:30開場 14:00開演
江東区豊洲シビックセンターホール
入場無料(要整理券)未就学児童の入場はご遠慮下さい


秋のライヴ・イマジンは、爛熟したロマン派の響きの
ショーソンを中心とした作品でお楽しみ頂きます。

ショーソン 詩曲 (ヴァイオリン独奏:前田秀) 
ヴェーベルン 弦楽四重奏のための緩徐楽章
ヨハン・シュトラウス二世 皇帝円舞曲
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ショーソン ヴァイオリンとピアノ、弦楽五重奏の為のコンセール


ヴァイオリン:内田 明美子、木村 俊道 ヴィオラ:内田 吉彦
チェロ:西村 淳 コントラバス:櫻澤 有紀子 ピアノ:吉田 康子
フルート:大門 一夫 クラリネット:藤崎 香奈子


入場整理券をご希望の方は、下記の問合せ先アドレスに
お名前 ご住所 電話番号 年齢 職業 コメントを添えて
「ライヴ・イマジン音楽記を見て整理券希望」とご記入下さい。
折り返し上記の葉書(入場整理券)をお送りします。
お問い合わせ  liveimagine@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

ツィメルマン
【wifon WCD 007】
カーヤ・ダンチョフスカ(ヴァイオリン)
クリスチャン・ツィメルマン(ピアノ)

モーツァルト ヴァイオリン・ソナタ ヘ長調 K547
ハ長調 K404 変ホ長調 K481

モーツァルトはヴァイオリン・ソナタを生涯にわたって
書いています。なかでも傑作K547とジュピター主題を持つK481が
はいっていることと、ダンチョフスカ=ツィメルマンのコンビに
惹かれてこのCDを衝動買いしてしまいました。
1975年のショパン・コンクールで最年少(18歳)で優勝してから
4年後にこの録音が生まれています。22歳の写真は初々しさを
残しています。ピアノに比重がかかっているせいでもないが、
このピアノは本当に上手い。モーツァルトの音楽では奏者に
委ねられる範囲が決して大きいわけではないけれど、
その中で言うべきことを言い、やるべきことをやっている印象。
ダンチョフスカは飛びぬけて上手なひとではないけれど、
このピアノとのバランスはとてもいい。もっとたくさんの録音が
あればよかったのに、と思わせてくれました。
ワルシャワ、ショパン・ミュージック・アカデミーでの録音。
写真にはHenle版がのぞいています。
(特別寄稿・J.N)




キャサリンストット
【alto ALC 2014】
ショパン ノクターン全集
キャスリン・ストット(ピアノ)

ストットといえばヨー・ヨー・マのピアニストとして知っている人も
多いはずですが、思ったよりもソロのレコーディングも多く、
これは一度はきちんと聴いてみようと思っていました。
ノクターンがその素材であれば、ごまかしのきかないだけに
うってつけです。まず、この人がとてもきちんと、そしてきっちりと
ピアノを弾くことが出来るということが理解できます。
ただそれだけで、2曲くらい聴いてみてそれから先には
どうしても進めませんでした。つまり面白くなかった
ということです。教科書にあるような楷書体の音楽。
ノクターンは微妙に揺れ動くものがほしいところですが、
ルバートも控えめで、がんじがらめな演奏になっています。
ヨー・ヨー・マのやりすぎなくらいの表現力のおこぼれには
預かっていなかったようです。辛口コメントになって
しまいましたが、ピアニストとしてここまで来るのも
それこそ血のにじむような努力の裏付けがあるし、
それはもしかしたら身体の不調さえ伴うものです。
ただ批評をするのは簡単、そんなことを知っている以上、
同じことをもしかするとそれ以上をやっていながら
超のつく一流になれなかったこの世界の厳しさ、
怖さ、を嚙みしめました。




yatchan2003

Author:yatchan2003
2003年から活動開始。
音楽への想いを伝えたい!
お客さまと共に楽しみたい♪
をモットーに進化中。