FC2ブログ
2019 / 01
≪ 2018 / 12 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2019 / 02 ≫

バレンボイム
【DG 4796742】
オン・マイ・ニュー・ピアノ
ダニエル・バレンボイム(彼の考案による新しいピアノ)

・スカルラッティ ソナタK.159, k.9, k.380
・ベートーヴェン:創作主題による32の変奏曲 ハ短調
・ショパン:バラード第1番ト短調Op.23
・リスト:ワーグナーの舞台神聖祝祭劇『パルジファル』からの「聖杯への厳かな行進」S.450
・リスト:『詩的で宗教的な調べ』S.173より「葬送行進曲」
・リスト:メフィスト・ワルツ第1番「村の居酒屋での踊り」


バレンボイム・そのバイタリティはいったいどこから?
いつどこでどんな練習をしたらこんな風にピアノが弾けるのでしょう?
演奏に聞き入っているうちに、これが彼の考案した
新しいピアノによるものだということにふと気が付きました。
何処が新しい?解説によるとスタインウェイの特許だった
交差弦ではなく、フォルテピアノのような並行弦としたこと。
これを鋼鉄フレームに入れて、ピュアな音響と豪快で強靭な
響きのいいとこどりをしたようです。
同じプログラムで最高にチューニングされたスタインウェイで
やってくれると比較がしやすいのですが、高域の魅力は
スカルラッティからは十分に聴こえてきたし、
迫力のある低音も十分になっていたけれど、全音域にわたる
響きの豊かさはスタインウェイか。音の純度であれば、
ファッツオーリに匹敵するようなものです。
肝心の演奏は先に書いたように巨匠の見事なフィンガー
コントロール。天才はやはりどの時代にも存在しています。
ピアノ好きには見逃せない1枚です。



スポンサーサイト



あけましておめでとうございます。
2003年に始めたライブ・イマジンは、今年で16年目を迎えます。

昨年を振り返ってみますと、2月の深川江戸資料館での公演は、
バッハ:チェンバロ協奏曲第1番、ショスタコーヴィッチ室内交響曲、
メンデルスゾーン弦楽八重奏曲というどれもがメインになるような
大作ばかりを並べました。会場は落語など和風の催し向きの
音響であったものの、それぞれの思い入れを盛り込んだ
熱い演奏を繰り広げました。
2_20190105012237d96.jpg

7月は、私達にとって本拠地ともいうべき「すみだトリフォニー
小ホール」での40回目の記念公演。「献呈」をテーマにした選曲で
シューマンのピアノ五重奏曲、シューベルトの歌曲、
ジークフリート牧歌を。それぞれ身近な人への贈り物
という共通項がありましたが、演奏者からお客様への
贈り物という気持ちも。
3_20190105012239f92.jpg

11月は、ロマン派の終焉期のショーソンの作品を中心とした
プログラム。ヴェーベルンの弦楽四重奏のための緩徐楽章や
シュトラウスの皇帝円舞曲を混じえながらも、ショーソンの
名曲である詩曲とコンセールを。会場のファッツイオリの
美しい音色は渾身の演奏を彩りました。
1_201901050122369f7.jpg

今年の公演は4月13日(土)豊洲シビックセンターで
念願のシューベルトの八重奏曲にモーツァルトの弦楽四重奏曲、
ピアノ協奏曲6番を加えた曲目で第42回目としてスタートします。

毎回本番に向けて練習を重ねレッスンを受けて準備をしていますが、
音楽に今迄以上に深く理解と共感を持とうと考えると、
沢山の時間が必要になります。常々「2つ先の公演の準備を」と
心がけていていますが、現実的にはもっともっと時間をかけて
取り組みたいという気持ちが大きいです。
やはり15年続けて来たからこその完成度の高い曲を
是非お聞かせしたいと思っています。
4_20190105012240d39.jpg
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


yatchan2003

Author:yatchan2003
2003年から活動開始。
音楽への想いを伝えたい!
お客さまと共に楽しみたい♪
をモットーに進化中。