FC2ブログ
2019 / 02
≪ 2019 / 01 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - 2019 / 03 ≫

ホルヘ・ぼれっと
【Decca 417 401-2】
シューマン 謝肉祭 & 幻想曲
ホルヘ・ボレット

超絶技巧という代名詞で語られるこの人のピアノは実演は勿論、
録音でもほとんど聞いたことがありませんでした。
きっかけは大好きなシューマンの「謝肉祭」がはいっているから。
このキューバ出身のピアニストはとてもよくチューニングされた
ベヒシュタインを使っています。このピアノはその昔、ドイツの
ピアニストが愛好していたことで知られ、普段スタインウェイの
豪快華麗な音に慣れた耳にとっては、とても端正で、
透明感のあるすがすがしい表現力があるように聞こえます。
日本の公共ホールでもたまに見かけることがあります。
ボレットの演奏はきっちりとピアノを鳴らし切ってくれるし、
ペダルの使用が最小限に抑えられているため、
その響きに酔いしれます。この曲はあまり余計なことをせずに
こうやって明るく爽快に弾くのも一興ですね。このアプローチは
次の「幻想曲」にも生かされます。ホルヘ・ボレットの他の演奏も
聴いてみたくなりました。ほかもベヒシュタインかしら。





スポンサーサイト



レオノーレ

【ポリドール POCG-2119/20】

ベートーヴェン 序曲全集 + ウェリントンの勝利
ベルリンフィルハーモニカ―
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮


カラヤンのベートーヴェンはは何を隠そう、私のクラシック音楽遍歴の
始まりでした。最初に買ったLPレコードは第3番「英雄」
そのあとしばらくしてから買ったのが第7番。
その余白にこのCDに収められている「レオノーレ序曲第3番」が
はいっていました。これらは1960年代に録音された彼らの
第一回目のドイツ・グラモフォンへの録音でした。
交響曲はともかくとして、レオノーレ序曲、最後の弦楽器の
受け渡しによる最高潮に盛り上がっていく部分の
何とも爽快な音楽に強く惹かれたものです。何しろ分厚くて
そして物凄い推進力を持ったその演奏に痺れました。
音盤組合新宿のNさんがこの録音を私が探しているのを見つけ出し、
キープしてくれたおかげで再び手にすることが出来ました。感謝感激。
そう!やっぱりすごかった。圧倒的なカラヤンとベルリンフィルの
表現力に当時がよみがえりました。
さて、この曲、いつかライヴ・イマジンオケで演奏できる日が
来るのでしょうか。
(文責・J.N)


レニー
【SONY SMK47519】

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 Op.15
モーツァルト ピアノ協奏曲第25番 ハ長調 K503

レナード・バーンスタイン(指揮とピアノ)
ニューヨーク・フィルハーモニー & イスラエル・フィルハーモニー


ベートーヴェンの第1協奏曲はとても好きな協奏曲のひとつです。
バーンスタインの録音があるのは知っていましたが、
これが初体験。期待と不安が半々で聴き始めました。
重い・・まずオケに締まりがないのがわかるしリズムももっさり。
最近のピアニストたちのスタイリッシュなものを聴いている
せいかとも思いながらも、ピアノが出てくるのを待ちました。
いきなりロマンチックな弾き方に、違うな、この感じ方はと。
それでもしばらく我慢していましたが、とうとう最後まで
聴き通すことが出来ませんでした。これほど名高い人なのに
オケもピアノも水準以下、しかも60年代の絶頂期。
ウィーンフィルとやった映像も見つけたので一寸見をしてみた
けれど、基本姿勢は同じ。そのあとのアルゲリッチ=小沢の
引き締まった見事な演奏に聞き惚れた次第でした。




yatchan2003

Author:yatchan2003
2003年から活動開始。
音楽への想いを伝えたい!
お客さまと共に楽しみたい♪
をモットーに進化中。