FC2ブログ
2019 / 09
≪ 2019 / 08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2019 / 10 ≫

こるとう2
20世紀、決して忘れ去られることのできない音楽家、
アルフレッド・コルトーは1952年にとうとう来日ました。
南米での演奏会の後、朝日新聞の主催で25回の演奏会を
行うためです。三つの主要なプログラムは、
(1) ショパンの「練習曲」全曲と「前奏曲」全曲
(2) 種々のロマン派作品
(3) シューマンとショパン
東京と大阪で三回ずつ、ショパンのヘ短調協奏曲、サン・サーンスの
第四協奏曲などによる国内オーケストラとの共演もありました。
下関と宇部での演奏会の時に川棚村に3泊しています。
そして川棚の風景を「こんな美しい夢のような風景は見たことがない。
日本はプレ・ペイ(本当の国)だ」と絶賛し、その海岸の一つの島に
彼の名前をつけ、「孤留島」(コルトー)としました。
その時に「この上なく美しいこの島に、友情によって書かれたこの碑文が、
願わくば絶えず夢の中に住む精神を持った、いちフランス人音楽家の
想いをいつまでもとどめておくことができますように」と記念碑の銘文を
起草しています。川棚温泉ではコルトー没後50年、来日60周年を
「コルトー・Wメモリアル・イヤー」として位置づけ、
多彩な音楽文化イベントを開催するとのこと。
その一環として「コルトー・ホール」の音響改善と、60年前の約束を
守るべく「記念碑」の建立を行いたいとのことで、広く「ご寄付」を
募っています。コルトーの芸術を愛するものとしてこのブログにより、
勝手に応援させていただきました。

連絡先は、「コルトー音楽祭実行委員会 実行委員長 友永 次郎」
〒759-6301 山口県下関市豊浦町川棚5180 
川棚温泉交流センター・川棚の社内
TEL 083-774-3855 FAX 083-774-3856

スポンサーサイト




この記事へコメントする















yatchan2003

Author:yatchan2003
2003年から活動開始。
音楽への想いを伝えたい!
お客さまと共に楽しみたい♪
をモットーに進化中。