FC2ブログ
2020 / 08
≪ 2020 / 07 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2020 / 09 ≫

縮小集合写真
ゴールデンウィークの中でも絶好の快晴に恵まれ、
爽やかな新緑の木立に囲まれた旧奏楽堂での公演。
事前に整理券申し込みの電話やメールを数多く頂き、
約220名のお客様に御来場頂きました。
今回は「六重奏の楽しみ」をテーマに選りすぐりのプログラム。

1.リヒャルト・シュトラウス作曲 カプリッチョ
2.ショパン作曲 ピアノ協奏曲第2番 室内楽版
アンコールには、協奏曲と同じ時期に書かれたワルツOp.70-3
休憩後の後半には
3.モーツァルト 協奏交響曲 弦楽六重奏版
アンコール ピアソラ・天使の死

お客様の感想から楽しんで頂けた様子が伝わって来て
とても嬉しく励まされる思いがしました。
皆様、どうもありがとうございました。

次回の「ライヴ・イマジン 15」は、渋谷駅より徒歩5分、
昨年11月オープンの新しいホールから
ひと味違ったオールモーツァルトプログラムでお届けします。

ライヴ・イマジン15
9月23日(金祝)
渋谷区立文化総合センター大和田「伝承ホール」

ホルン五重奏曲 変ホ長調 KV407
ピアノ協奏曲 第23番 KV488
ディヴェルティメント 二長調 KV334

どうぞお楽しみに。
スポンサーサイト




【】
震災の影響が残るなか、200名を超えるご来場者というのはライヴ・イマジンがそれなりのステータスを確保しつつあるということですね。
演奏中に、シャンデリアが揺れる地震もありましたし、事実モーツァルトの2楽章は鎮魂歌として演奏者、お客様に共有されたようです。
【】
昨年1月に同じく旧奏楽堂で行った公演のお客様のうち
数多くの方々が再びご来場下さいました。
夢見るようなカプリッチョの序奏に始まり、
ショパンの美しい調べを楽しみ、モーツァルトで
幸せな気分になれる・・
鎮魂歌であり希望の素になってほしいと思いました。
この記事へコメントする















yatchan2003

Author:yatchan2003
2003年から活動開始。
音楽への想いを伝えたい!
お客さまと共に楽しみたい♪
をモットーに進化中。