FC2ブログ
2019 / 09
≪ 2019 / 08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2019 / 10 ≫

色調補正ひのさん
新潮講座スペシャルinロシア大使館
「戦火のシンフォニー」の真実
講師 ひのまどか  2015年10月15日 ロシア大使館内ホール

この講演会は、ひのまどか著「戦火のシンフォニー」が
第25回新日鉄住金音楽賞特別賞を受賞した記念に
新潮社主催で企画されたものです。

ひのまどか さんは、東京藝大を卒業後にヴァイオリニストとして
東京ゾリステンで活躍、その後音楽関係の執筆活動に入った方です。
私は作品をいくつか読むうちにすっかりファンになっていたので、
この講演についての小さな新聞記事を見つけた時は
とても嬉しく楽しみにしていました。ご本人に会える、お話を聞ける、
しかも会場はロシア大使館!こういう機会でなければ
絶対に入ることさえ出来ない場所です。

当日ものものしい雰囲気で両脇に警察官が立つ門扉から
敷地内に入り、ホールへ。小学校の講堂のような200名ほどの
客席のあるホールの舞台脇にはフルコンと思われる大きなピアノ。
ホールの外にも同様の大きなピアノがありました。壁にかけてあった
風船が何とも言えないロシアの雰囲気を醸し出しています。

ひのさん登場の前に、ロシア大使館の歴史学者コンスタンチン氏のお話。
流暢な日本語でレニングラード封鎖についての概要説明がありました。
そして60万人とも100万人とも言われる多数の死者を出しながらも
市民がレニングラードを守り抜いたという事実がロシア人にとって
大きな誇りであり、大切にしていることを力強く伝えて下さいました。

ひのさんからは、この本の執筆への経緯から始まり、取材中に得た資料、
当時のニュース映像や演奏録音、現地で撮影した写真などをまじえての
詳しいお話がありました。日時や場所、その時の状況などを理路整然と
説得力を持って伝えて下さる様子からひのさんの頭脳明晰さと
取材の綿密さを感じました。当時の爆撃の様子を伝えたフィルム、
次々と餓死者の出る白い地獄と化した首都。
目をそらしたくなるくらい強烈なものを伝えます。
極限状態で音楽を守り抜いた人々の事を伝えたいという思いと同時に、
音楽は何のため、誰のためにあるのか?を自分自身でも考えたい
という言葉が強く印象に残りました。
講演の後にロビーでティーサービスがあり、持参した本に
ひのさんにサインをして頂きました。もちろん「戦火のシンフォニー」も
読みましたが、最近ようやく入手した児童書の伝記シリーズ第1巻目の
「チャイコフスキー」をお見せしたら、よく手にはいりましたね、と
とても喜んで下さいました。ロシア産の温かい紅茶でホッと一息した後に
館外の麻布台の街に出ると、柔らかい秋の空気に包まれて
今まで外国に行っていたかのような特別な気持ちになりました。

■「戦火のシンフォニー」については、続いてご紹介します。

スポンサーサイト




この記事へコメントする















yatchan2003

Author:yatchan2003
2003年から活動開始。
音楽への想いを伝えたい!
お客さまと共に楽しみたい♪
をモットーに進化中。