FC2ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2019 / 01 ≫

縮小ピアノ五重奏曲
休憩後は、ピアノ五重奏曲第1番。フォーレが15年の歳月をかけて
温めて完成したもので、ピアノ五重奏の中で最も美しい曲です。
さざ波のようにかすかなピアノのアルペジオで始まり、
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロが順次加わって厚みを増していきます。
113ピアノ五重奏曲 117ピアノ五重奏曲 115ピアノ五重奏曲 116ピアノ五重奏曲
印象派の絵画のように、光がきらめき和音が溶け合いながら色が
変わっていきます。この曲の楽譜は約10年前には絶版状態でした。
国内に輸入した2冊のうち1冊を神戸でなんとか手に入れて、
ようやく演奏が可能になりました。


アンコールには、名曲「優しき歌」の終曲「冬が終わった」を。
この曲のピアノ五重奏版での演奏は以前にライヴイマジンでも
取り上げていますが、数ある歌曲の中でも1,2を争う名曲です。
縮小アンコール写真1
201アンコール 203アンコール
この曲を是非歌いたいと思い、自分の声に合わせて、楽譜を
自分で全部書き直しました。演奏は5分ほど60小節弱ですが、
1小節にピアノのアルペジオの音符が24個並びます。
それを書き直すだけでも気の遠くなるような作業でした。
冬が終わって暖かい明るい春への喜びに溢れた曲を
若草色の美しい衣装に輝くような笑顔で歌いました。
ピアノ伴奏とはまたひと味違った弦楽合奏とのアンサンブルを
聞かせました。
縮小アンコール写真2
おかげ様でライヴ・イマジン35は、無事盛会のうちに
終了しました。どちらかというと地味なフォーレの作品だけの公演で
約110名のご来場があったことは、とても嬉しい事でした。
次回は新年1月28日(土)すみだトリフォニー小ホールにて、
ベートーヴェンの作品での公演です。どうぞお楽しみに。

次回予告 ライヴ・イマジン36 
新春のベートーヴェン

2017年1月28日(土) 
すみだトリフォニー 小ホール

弦楽三重奏曲 ハ短調 OP.9-3
ピアノと管楽器の為の五重奏曲 変ホ長調 Op.16
七重奏曲 変ホ長調 Op.20

野原 国弘(オーボエ) 佐藤 拓(クラリネット) 奥山 薫(ファゴット)
中原 淳子(ホルン) 玉城 晃子(ヴァイオリン) 畑 修一(ヴィオラ)
西村 淳(チェロ) 北村 隆男(コントラバス) 吉田 康子(ピアノ)



スポンサーサイト

この記事へコメントする















yatchan2003

Author:yatchan2003
2003年から活動開始。
音楽への想いを伝えたい!
お客さまと共に楽しみたい♪
をモットーに進化中。