FC2ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2019 / 01 ≫

巖本真理
【新潮社】
「巌本真理 生きる意味」
 山口玲子著

乳がんを患った真理さんが、執刀医に「このまま
バイオリンが奏けなくなってしまうなら、救っていただいても
生きる意味がないのです」と訴えたと言います。
バイオリンが体の一部であり、それを通じて自分の言葉を
世の中に放つ。真の意味での芸術家がここにもいました。
よく言う、まず「生きること」、生きてからこそバイオリンが・
などという言葉はここでは通用しません。
巌本真理さん、1926年にアメリカ人の母と日本人の父との
間に生まれました。そして最も多感な時代を最も困難な時代に
過ごしています。異質なものを潰そうとする「いじめ」により
不登校にまでなってしまいました。そんななか12歳で
音楽コンクールの一等賞、20歳で東京音楽学校(藝大)の
教授に抜擢されましたが、華やかなソリストの道を捨て
最もストイックな「弦楽四重奏」という世界でその存在を
しられました。この本は比較的淡々とその生涯を描いて
みせますが、サクセスストーリではなく一人の人間・
巌本真理が53歳で短い生涯を閉じるまで己の信じる道を
突っ切る姿が鮮やかに浮かび上がります。
自分の音楽を信じる、こうじゃなきゃだめだ、という言葉は
自分の音楽そのものだったのでしょう。
世に天才と呼ばれる才能を持った人たちはみな同じDNAを
もっています。巌本真理弦楽四重奏団を生で聴く機会を
持たなかった私はとても残念です。
真理さんの言葉を受け止めてみたかった。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















yatchan2003

Author:yatchan2003
2003年から活動開始。
音楽への想いを伝えたい!
お客さまと共に楽しみたい♪
をモットーに進化中。