FC2ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2019 / 01 ≫

バーバらぼにー
【TELDEC 4509-90873-2】
シューベルト 歌曲集 
バーバラ・ボニー(ソプラノ) 
ジェフリー・パーソンズ(ピアノ) 
シャロン・カム(クラリネット)

シューベルトの歌曲集とくれば偉大なる
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウとジェラルド・ムーアであり、
エリザベート・シュヴァルツコップとエドウィン・フィッシャーであり、
今でもまったくその地位をゆるぎのないものとして聴かれています。
録音にもそろそろ「古典」が出てくるのでしょう。
ただ偉人たちの表現があまりにもうますぎ、完璧すぎることに
時には抵抗があるというのは人間が矛盾だらけの生きものである
証でしょうか。バーバラ・ボニーについていうならリリックな声質に
まず惹かれます。楽器以上に個性の出る「歌」の世界では
オペラを得意にする人とリートに向いている人があるように感じます。
分野を限らず沢山録音しているようですが、ボニーは
リートだと感じます。声量のあるオペラ歌手がリートをやると、
やはり場違い。シューベルトの歌曲はその内容がすごいだけに
ボニーの声質だけでは勝負できないところがあって、
「古典」に比べるとどうしても分が悪くなります。
音程もリズムも抜群だし、声もきれい、伴奏者だって最高。
じゃあ何が?ってここでも「音楽」のカベがあることに気づきます。


スポンサーサイト

この記事へコメントする















yatchan2003

Author:yatchan2003
2003年から活動開始。
音楽への想いを伝えたい!
お客さまと共に楽しみたい♪
をモットーに進化中。