FC2ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2019 / 01 ≫

トムとジェリー
【ワーナー・ホームビデオ】
トムとジェリー 「ワルツの王様」 ほか

私たちの世代には「トムとジェリー」を見たことのない人は
いないはずです。ドタバタ劇ではあっても主役の表情も
豊かで音楽もとても素敵です。
ヤコブ・ギンペルというピアニストが「星空の音楽会」
「ワルツの王様」のピアノを担当しています。
シュトラウスのワルツなど編曲ですが画面とピタッとあっていて
本当に見事なピアノです。両方ともアカデミー賞を
受賞しています。ピアニスト、ヴィルティオーゾのなせる業、
半場ではないなと思って調べてみたら、画面にも名前が
クレジットされており、立派な経歴の持ち主。
ナチス・ドイツからアメリカに逃れ、戦後このハリウッドでの
活躍のあと、ふたたびヨーロッパに戻って活躍したようで、
ケンペ指揮のベルリンフィルとブラームスの協奏曲第1番を
録音しています。ユダヤ人にとってはとても生きにくい時代に、
ハリウッドとベルリン、両立させた人はそう多くはないはずです。

スポンサーサイト

【ラン・ラン】
この動画はもしかすると、ラン・ランがピアニストを志すきっかけになったものでしょうか。素晴らしい!
【】
ランランの自伝「郎郎自伝」(WAVE出版)にも詳しく書いてありましたが、どうやらこの動画ではないかと思います。トムとジェリーがきっかけになったとは・・なんだかランランが身近な存在に感じます。左手故障で演奏活動から少し遠ざかっているようですが、徐々に回復しつつあるとのこと。復帰が待ち遠しいですね。
この記事へコメントする















yatchan2003

Author:yatchan2003
2003年から活動開始。
音楽への想いを伝えたい!
お客さまと共に楽しみたい♪
をモットーに進化中。