FC2ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2019 / 01 ≫

シゲティ
【キング KICC2205】
モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ(K305,K380,K301,K377,K526)
ヨーゼフ・シゲティ(ヴァイオリン)アンドール・フォルデス(ピアノ)

シゲティ51歳の時の録音(1943年、ニューヨーク)です。
録音は戦中ということもあり、条件は良くなかったと思います。
ただ、このCDの復刻は鑑賞するのには十分音楽的な
クオリティが維持されているだけでなく、極上の音楽を
提供しています。ヴァイオリンはとにかく自己主張が
しっかりしているけれど、それはとてもモーツァルトの音楽に
寄り添ったもので、いつまでも聴いていたい、
ああ、これが終わらないでほしいと思ってしまいます。
フォルデスのピアノもしっかりとヴァイオリンに
寄り添うだけでなく、よく聞くとチャン言うべきことは言っている。
ヴァイオリンを立て、寄り添うことで音楽的な達成をしている。
本当は音楽的な主役はヴァイオリニストではなく、
ピアニストのはずですがあまりそうしてしまうと、なんか
つまらなくなってしまう。美しさに背を向ける、
中身を抉り出すシゲティ。並みの作曲家の作品だったら
演奏者に支配されてしまうところ。さすがにモーツァルトです。


スポンサーサイト

この記事へコメントする















yatchan2003

Author:yatchan2003
2003年から活動開始。
音楽への想いを伝えたい!
お客さまと共に楽しみたい♪
をモットーに進化中。