FC2ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2019 / 01 ≫

プレスラー
【CEDILLE CDR 90000 170】
ブラームス ピアノ五重奏曲 ヘ短調 Op.34
シューマン 弦楽四重奏曲第1番 イ短調 Op.41-1
パシフィカ四重奏団 メナヘム・プレスラー(ピアノ)

先ごろ、エベーヌ四重奏団とドヴォルザークの
ピアノ五重奏曲を中心としたプログラミングで
90歳のバースデーをお祝いしたプレスラー。
ボザール・トリオの中心としてピアノトリオとしての
スタンダードを確立したプレスラー。
録音を聴くとその巧みさに舌を巻きますが、
ボザールで活躍していた頃の録音と比べると、
90歳はさすがに枯れすぎ?という印象を持ちました。
旬のエベーヌとやるのはすこし分が悪い印象が
ありました。この録音はパリでのライヴで2013年11月7日。
ところが、さらに元気なひ孫世代のパシフィカ四重奏団と
新しいCDをリリースしました。録音は2014年11月19-21日
なので91歳。すこし弦楽器に寄った録音は分が悪いとはいえ、
やはり枯れてしまっていて何にも迫ってくるものがないのです。
あら、ピアノがあったのね、みたいな感じです。
ブラームスは生涯初録音とのことですが、それがどうした
といった風情。やはりそろそろお役御免でも
いいのではないでしょうか?
音楽はもっと力強いメッセージを発信するもののはずです。


スポンサーサイト

この記事へコメントする















yatchan2003

Author:yatchan2003
2003年から活動開始。
音楽への想いを伝えたい!
お客さまと共に楽しみたい♪
をモットーに進化中。