FC2ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2019 / 01 ≫

ツィメルマン
【wifon WCD 007】
カーヤ・ダンチョフスカ(ヴァイオリン)
クリスチャン・ツィメルマン(ピアノ)

モーツァルト ヴァイオリン・ソナタ ヘ長調 K547
ハ長調 K404 変ホ長調 K481

モーツァルトはヴァイオリン・ソナタを生涯にわたって
書いています。なかでも傑作K547とジュピター主題を持つK481が
はいっていることと、ダンチョフスカ=ツィメルマンのコンビに
惹かれてこのCDを衝動買いしてしまいました。
1975年のショパン・コンクールで最年少(18歳)で優勝してから
4年後にこの録音が生まれています。22歳の写真は初々しさを
残しています。ピアノに比重がかかっているせいでもないが、
このピアノは本当に上手い。モーツァルトの音楽では奏者に
委ねられる範囲が決して大きいわけではないけれど、
その中で言うべきことを言い、やるべきことをやっている印象。
ダンチョフスカは飛びぬけて上手なひとではないけれど、
このピアノとのバランスはとてもいい。もっとたくさんの録音が
あればよかったのに、と思わせてくれました。
ワルシャワ、ショパン・ミュージック・アカデミーでの録音。
写真にはHenle版がのぞいています。
(特別寄稿・J.N)



スポンサーサイト

この記事へコメントする















yatchan2003

Author:yatchan2003
2003年から活動開始。
音楽への想いを伝えたい!
お客さまと共に楽しみたい♪
をモットーに進化中。